menu

SANEST

Bar SANEST
〒001-0024
北海道札幌市北区北24条西4丁目4-23
第55松井ビル サンシャイン24ビル 5F
営業時間 19:00~LAST(水~日営業/月火不定休)

TEL.011-214-9769

『僕が考える”愛”について』 草太ブログ 2019.12.10 No.35

こんばんは、草太です。

今日のブログはきっと長くなりますよ。うまくまとまるだろうか…

心の用意は良いですか?ではどうぞ。

 

 

「こんなに愛しているのに。」

 

っていうフレーズをどこかで耳にしたことがあると思います。

最近ふとこのフレーズを思い出して、愛について考えちゃってます。いつもの考えすぎる癖です。

 

愛って何ですかね?

もしも愛に形があるとしたらどんな形なんでしょうかね。

“良い愛”とか“悪い愛”とか、愛にも種類があったりするんですかね。

愛って数(量)に限りがあったりするんですかね。それともどこかからか無限に湧き出てくるのかな。

 

とかとかね。めっちゃ考えちゃいます。疑問はどんどん出てきます。

愛については、僕個人的に何か一つ考えを持っておきたいと思ったので、シチュエーションを絞って考えました。

 

「愛」を含む言葉で最初に浮かんだのが「恋愛」です。

恋愛は多くの人の悩みの種になっています。特に「想いを告白する」「別れる」なんていうのは、とても一人では解決できない大問題です。

まずは「想いを告白する」ことについて。

よく漫画やドラマなどで耳にする、「ずっと好きでした。」からの「私(僕)と付き合ってください。」という告白の流れ。

実際はどういう雰囲気なのかわかりませんが、「自分と付き合ってほしい」という内容は含んでいるはず。

 

ここでひとつ疑問が。恋愛における「付き合う」ってどういうことなんでしょう?

一緒にデートに行くこと?毎日連絡を取り合うこと?結婚の計画(理想)を立てること?

別に付き合っていなくても一緒に映画館や喫茶店やバーは行けるし、僕はお店のオーナーや友達と連絡を取り合っています。でも付き合っていないです。

中学高校時代の恋愛が結婚を想定して計画を進めているとは考えにくいし…

となると、「付き合ってほしい」っていうのは結局その人にどうされたいの?っていうことになっちゃいます。

言い出したらキリがないので、いわゆる“カップル”になるのが“付き合う”っていうことにして話を進めますね。

 

「ずっと好きでした。」というのは伝えて大正解だと思います。しかし「私と付き合ってください。」という言葉に僕はエゴを感じます。

このエゴに気づけないまま、「好きでした。」の部分にだけ興奮して、付き合ってしまうとその後別れてしまうような気がします。

逆にこのエゴごと受け入れてくれた相手とは関係が末永く続く気がします。

 

 

付き合っている恋人同士はいつか別れてしまう場合が多いです。悲しいことにね。

次は、“なんで別れちゃうんだろう問題”について。

僕が頭に浮かんだ最も大きな別れる要因は、“「私はあなたを愛している」という考えを持っていること”です。

 

えっ?ってなりますよね。

これどういうことかというと、

“自分の言動や考えが愛かどうかを自分で決めちゃっている”

っていうことなんです。

 

例えば、

夜めっちゃ眠そうな彼女に対して、「知り合いのバーがめっちゃおしゃれなお店だから今から行ってみよ。今なら席空いてるって。気に入ってくれると思うよ。」って提案をする彼氏がいたとします。

きっとこの彼氏は「僕は彼女を愛しているから、素敵なバーを提案してあげた。」って心の中は愛で自信満々なんです。

でも彼女の立場からしたら、いや寝かせてくれや、って思いますよね。

ここで彼氏がもし「今日はもう寝よっか」って言ってたとしたら、また空気はかわりますよね。

 

 

自分の行動が愛かどうかを決めるのは常に相手です。

だから僕は、「こんなに愛しているのに。」のような別れ際の言葉に違和感を覚えました。

「あなたのことを思って言ってるのに。」みたいなのも相手が決めることです。

付き合っても長続きしないっていう人は、自分のルールで愛のありかたを勝手に決めつけていませんか?

自分がとった行動に相手が愛を感じなかったら、それはただのわがままエゴイズムです。

 

「愛されている」「愛を感じる」という言葉は正しいと思います。行動を受けた側が判断しているので。

 

二人の関係において大切なのは、お互いに「私はあなたの愛を感じました」「私はあなたに愛されていますよ」って表現することです。

自分が愛だと信じてとった行動で実際に愛を感じてくれたんだと理解して、お互いの愛の在処を共有できることが何より大事です。

 

自分は愛だと信じていたのに、相手にはうまく伝わっていなかった

っていうのは束縛の種になるかもしれないし、

ただの相手のエゴに対して、自分は愛されているんだって考えてしまう

っていうのはDVの種になるかもしれません。

 

この“エゴ”と“愛”の裏表をどれだけ共有できるかが、大切なんじゃないかなぁと思います。

 

 

やっぱりまとまりませんでした。ごめんなさい。

今度SANESTでたくさん話し合いましょ。

今夜も間もなく閉店です。したっけね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。