menu

SANEST

Bar SANEST
〒001-0024
北海道札幌市北区北24条西4丁目4-23
第55松井ビル サンシャイン24ビル 5F
営業時間 19:00~LAST(水~日営業/月火不定休)

TEL.011-214-9769

『衣・食・住・友・娯・芸』 草太ブログ 2020.3.12 No.82

こんばんは、草太です。

 

本日からクラウドファンディングページを公開致しましたのでまずはそちらもご覧いただき、ご支援を検討いただけると幸いです。

存続の危機!札幌の小さなバー〈Bar SANEST〉を救いたい!

《公開期間》2020年3月12日㈭~2020年4月10日㈮23:59まで

https://camp-fire.jp/projects/view/244650

 

 

ここからはいつもの草太ブログです。

 

何か緊急事態が迫っている時、僕たちはやっぱり生きるために様々なものを犠牲にして最小限の暮らしをしようとします。

今回のコロナウイルスでのイベント自粛要請や、トイレットペーパーやマスクの買い占めは、最小限の暮らしを求めた生きるために取捨選択です。

外出しなくてもいいようにたくさん買えるものは買えるだけ買いたい、というのは気持ちはよくわかります。

水や食料もある程度は備蓄しておくべきでしょう。災害はいつ起こるか分からないので。

「衣・食・住」が大事っていうのは学校で習いました。

これが無いと生きていけませんからね。

でも逆の言い方で問いかけますが、

 

「衣・食・住」“さえ”あれば生きていけるんでしょうかね

 

僕たちはだれが決めたか分からないけど人間として生きています。

よんで字の如く。人と関わっていく生き物です。

嬉しさや苦しみや楽しさや悲しみを共有していく「友達」が必要です。

 

そうしてお互いを認め合った友達と、これでもかという試練を何度も乗り越えていかなければいけません。

22歳の僕が言うのも説得力に欠けるとは思いますが、人生の道のりは決して甘くありません。

苦しいことの方がやはり圧倒的に多いです。そういうときに楽しめる「娯楽」を持っておくのは非常に大切です。

 

そうして友達を作り、助け合いながら、己の芸を磨いていく必要があります。

芸というのは本当に何でも構いません。本をたくさん読むでも、毎日走るでも、料理の腕でもなんでも構いません。

自分に芸を一つ身につけていく鍛練が生きていくうえで必要だと思います。

芸があることは自己肯定感にも繋がっていきます。

 

「衣・食・住」に加え、この「友・娯・芸」も生きていくうえでめちゃくちゃ必要だなって思いました。

特に、最近だと度重なるイベント自粛で娯楽が失われそうになっているし、

クラウドファンディングを立ち上げることで友をとても感じています。

芸に関しては自分の事なので後回しにしてしまいがちですが、アイデンティティは失わないように。鍛練を積みます。

 

非常に胃がキリキリと痛む日々が続いていますが、今はきっと踏ん張り時です。

一緒に頑張っていきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。